【夏の大人ファッション@メンズ】少数精鋭コーデで脱ワンパターンの1週間

スポンサーリンク

夏がやってきました!今回は「大人の夏ファッション&脱ワンパターン」をテーマに、少数精鋭アイテムでの着まわし技をご紹介します。

 

夏ファッションの特徴と注意点「夏休みの小学生化を防げ!」

夏ファッションの特徴・注意点
  • トップスは単品使いが多くレイヤード(重ね着)ができない
  • ひとつひとつのアイテムの主張が大きくなる
  • 洗い替えがたくさん必要
  • ムダ毛・汗・臭い問題が顕在化するので清潔感が欠けがち
  • カジュアルなアイテムが多いので子どもっぽくだらしなく見える
  • 軽さ・抜け感が大きいコーデになりがち

レイヤードができないので、ひとつのアイテムの印象がどどーんと全面に出てきてワンパターンになりがちな夏ファッション。

ワンパターンはデメリットですが、コーデをあれこれ考える必要がなくラクな季節だともいえますね。
 
朝ガバッと起きて、Tシャツ短パンにサンダルひっかけて出かけられるし。悪いところがあるならいいところもあるのだ。 

夏休みの小学生化とは!?

夏ファッションに機能性を追求しすぎると小学生化します。
2015 白T×ショーツ×スニーカー - コピー.jpg
ついついやりがちなTシャツ短パンの組み合わせ。間違っているわけではないのですが、かなりカジュアルな服装です。
 
“カジュアルである”ことが子どもっぽさにもつながるのですよね~……。

夏アイテムで過ごす1週間コーデ

ともかく、大学生を仮定し月~金の1週間コーデを組むとこうなる!

f:id:jarmusch:20170407133237j:plain


数えてみたら当ブログチョイスの25着のなかで夏に使えそうなアイテムは12個しかありませんでした~!! 
2015  夏アイテム×12.jpg
 
  • トップス:Tシャツ×2・ポロシャツ×2・半袖シャツ
  • ボトムス:(できるだけ)ショートパンツ・クロップドパンツ(たまに)チノ・カーゴ
  • 靴:サンダル・デッキシューズ・白スニーカー

 

とはいえ、これだけあれば、洗濯に追われることはないでしょう。
 
ちなみに、基本「夏をどう乗り切るか」に重点を置いているので、夏のメインアイテムは涼しげなブルーを基調にしています。

それでは、各カテゴリーのアイテムごとに夏ファッションを解説していきます。

夏コーデとボトムス 

f:id:jarmusch:20170728094156j:plain

夏のボトムスのメインはショーツやクロップドパンツです。

夏のショーツコーデ!

暑ければ暑いほどショーツの出番が多くなりますよね~。でも、ショーツには「子どもっぽい」イメージがついてまわる。ひねりなくTシャツ短パンとするのではなく、アレンジを加えましょう。
トップスをチェンジ
  • ポロシャツにチェンジ
  • 長袖シャツにチェンジ

f:id:jarmusch:20170728094030j:plain

 
Tシャツよりも襟のあるシャツの方が大人っぽくきちんとして見えます。

ライトアウターを羽織る

f:id:jarmusch:20170407102154j:plain

ライトアウターを羽織って大人っぽさを担保。おすすめは麻素材やシアサッカー素材の涼しげなテーラードジャケットです。

テーラードジャケットコーデ!定番アウターやコートとの重ね着などなど

小物使いに工夫
  • 長袖シャツやカーディガンを腰巻き、プロデューサー巻き
  • 靴やバッグを大人イメージなものにチェンジ 

f:id:jarmusch:20170728094058j:plain

プロデューサー巻きや腰巻きでアクセントをつける。夏休みの小学生っぽさはなくなります。小学生はプロデューサー巻きも腰巻きもしませんから……。靴を大人靴にするというのも手です。

f:id:jarmusch:20170320185623j:plain

バッグも小物です。リュックを背負うよりもレザートートを持った方が大人っぽくなりますよ。

大学生の私服通学用におすすめ!なバッグ・鞄とメンズファッション

 

ただし、夏にショーツやクロップドばっかり履いてると「同じ服着てるイメージ」がついてしまうので、たまにはチノパンやカーゴパンツを登場させましょう。デニムは暑苦しいので、多分あんまり出番がないだろうな~……。

 

ロング丈ボトムスを夏に登場させるコツは「裾のロールアップ」です。

f:id:jarmusch:20170728094106j:plain

足首を出すことで、まわりからも涼しそうな印象を持ってもらえますし、ロールアップしないよりは自分も涼しいです。

夏コーデと靴 

f:id:jarmusch:20170728094038j:plain

夏メインに履く靴はサンダル・白スニーカー・デッキシューズです。 

サンダル 

夏はもっぱらサンダルばっかり履いている、という人も多いのではないでしょうか。サンダルも子どもっぽく見える危険性をはらんでいます。

 

とはいえ、このクソ暑いときに甲や足先をおおうような靴なんか履きたくないですよね!そんなときにお役立ちなのが「レザーサンダル」です。

 

レザーサンダルのよいところ!

  • 足元の涼しさを担保しつつも、きちんと感ががある
  • 上品で大人っぽい雰囲気がある
  • デザインによって、春や秋にも応用できる
  • きれいめ派に使いやすい 

おすすめは大定番のビルケンシュトックです。レザーサンダルに迷ったらとりあえずビルケン。という

感じではあるのですが、人気を裏付けているのはやはりなんといっても履きやすさです。
ビルケンは汗だくになるような暑い日に履いていても、足裏もべたべたせず気持ちよいですしね。

「夏はおしゃれにサンダルはこっ!」きれいめレザー・革サンダル&おすすめブランド 

 

2015 サンダルコーデ.jpg

白スニーカー

靴は連日同じものを履くよりローテーションさせたほうが長持ちします。白スニーカーなら爽やかなので、夏コーデにも十分馴染みます!

f:id:jarmusch:20170728094047j:plain

夏のスニーカーにも大人っぽさがほしい。ので、タイプはローテクレザーがおすすめ。

ロイヤルブルーのデッキシューズ 

ワンパターン化する夏コーデに華を添えるために、「差し色靴」も上手に使ってみてください。 

f:id:jarmusch:20170728094135j:plain

色数が少ないシンプルな出で立ちのときに、ロイヤルブルーのデッキシューズはいい仕事してくれます。

それから、全体をワントーンでかためたうえで、ロイヤルブルーの靴を足元にもってくる、というようなとき、ロイヤルブルーのきれいさが際立つように。全身、地味色なのに靴だけきれい色というのも、なかなかおしゃれさんだと思うのです。

青デッキシューズで夏を乗り切る!フットカバーで素足風



ASTARISK アスタリスク フェイクスウェードデッキシューズ 

ASTARISK アスタリスク フェイクスウェードデッキシューズ

 

定価4,212円のところ税込2,948円

地味色アイテムだけにすると、夏場は、ほんとーに地味になってしまうので、デッキシューズの華やかさが頼りです。地味が悪いわけではありませんが、いつも同じ服着てるイメージがつくのは避けたい。

青デッキシューズで夏を乗り切る!フットカバーで素足風


デッキや白スニーカーを素足で履いてる風にしたいので、カバーソックス、インビジブルソックスを利用しましょう。 

夏コーデとトップス:ぐるぐる着まわす3種の半袖

メンズの夏の主要アイテムは半袖トップス!以下、「Tシャツ」「ポロシャツ」「襟付き半袖シャツ」の着まわし着こなしとワンパターン防止策をご紹介します。

Tシャツ

夏のスタメントップスはやはりTシャツですよね~!少数精鋭派におすすめなTシャツは無地Tです。

the.the25-item.com


とはいえ、無地の地味色Tシャツはあっさりした印象。特に白T✕デニム。はまればカッコいいけどこれではあっさりし過ぎ。イケメンに限るというヤツかも。

2015 白T×デニム×スニーカー.jpg

ここはアレンジをしていきましょう。

2015 白T×デニムアレンジ.jpg
①腰巻き、プロデューサー巻き→長袖シャツと差し色カーディガンを小物扱い
②足元ではずす→差し色の靴とか
③バッグではずす→リュックや差し色バッグ
④ハットなど帽子を加える。
⑤デニムの裾はロールアップetc. 
 
着まわしに便利なTシャツがほしいなら次のポイントを押さえましょう!・無地・色:白黒ネイビーなどの基本色・襟もとのデザイン:Uネックor深めのクルーネック・襟ぐり:細リブ・生地の厚さ:ライトウェイト

Tシャツコーデと選び方@メンズ!Vネック?クルーネック?それとも?

25着に組み込んだTシャツは白とネイビー2色です。ネイビーと比べるなら断然白Tのほうが着まわしやすい。夏の必須アイテム。 
ただ、白Tは透け乳首問題があるのでこちらの記事も参考にしてください。

Tシャツコーデと選び方@メンズ!Vネック?クルーネック?それとも?  

ポロシャツは夏場のきれいめアイテム

ポロシャツのアレンジ方法は、ほぼTシャツと同じですが、襟があるのでTシャツよりきちんとしていて大人っぽく見えます。また、襟があるおかげでボウタイ・ニットタイをプラスできます。

ポロシャツコーデ!ジャケットやカーディガンなど上着を羽織る考察まで 

 

2015 ポロアレンジ.jpg
 
ポロを買うときブランドものにするか、ノーブランドにするか迷うかと思います。値段はハイ&ローの2択になるのではないでしょうか。

まずはローの代表。ユナイテッドアスレ。シンプル・コスパ派に助かるポロシャツメーカーです。
丈夫で安い、とことんシンプル。豊富なカラー展開も魅力。ポロシャツのなかでも厚手の7.6オンス。

ハイの定番はワニのロゴマークでおなじみラコステです。お好みのポロシャツをどうぞ! 

半袖シャツ

半袖シャツコーデいろいろ
 
半袖シャツは1枚で着るのもいいけど、せっかく前開きになるのでインナーにTシャツを着てアウター風にしたりして、夏場の着こなしに変化をつけましょう。
 
半袖シャツもポロと同じくボウタイ・ニットタイをプラスできます。

 

【送料無料】オックスフォードボタンダウン半袖シャツ 3,996円(税込)SPU

夏のワンパターンコーデ脱出法!

くどいくらい繰り返しますが、夏のコーデはワンパターン化する。そんなのは他のみんなも同じ条件なので気にしなくてもいいっちゃあ気にしなくてもいいのですが、それでもワンパターンを脱したい人のために。

小物を使ってワンパターン脱出!

地味になりがちな少数精鋭アイテム同士の組み合わせには、小物がアクセントとなり華やかな雰囲気を出してくれます。シンプル派に小物はとっても便利なのです!

帽子

帽子は、純粋に「日よけのため」という実用的な名目が成り立ちます。「ヤダッこの人、オシャレしようとしてる!!」と思われそうなネックレスやブレスレットやストールよりは使いやすいのだ。

f:id:jarmusch:20170728094146j:plain

 

こちらはニット帽の老舗ハイランドの涼しくてムレない、シャリ感のあるコットンリネンニット帽。

 

カラフルなニット帽を選んで夏ファッションの差し色にしてもいいですね~。

 

ニット帽といえば通常、防寒用に秋冬かぶるイメージがありますが夏にもOKな麻や綿素材のニット帽が登場しているんですよね~。ありがてえありがてえ!

 

だから、夏の寝癖ももう大丈夫なんです。寝坊して遅刻しそうでもとりあえずニット帽をひっつかんでGO!

腕時計

帽子と同じく実用性があり、男性もアクセサリーとして取り入れやすい腕時計。ベルト交換ができるタイプがおすすめ。

 

夏場の数少ないアクセントのひとつとして重宝します。 こちらはお手頃価格のTIMEX ウィークエンダー

すっかり定番のダニエルウェリントン

Knot(ノット)も外せない存在。手ごろだしストラップ交換できるし、潔いかっこよさがありますよね。

 

 

レザーベルトは汗がたまって不快だし、劣化するのも心配なのでナイロンタイプのNATOストラップが快適。適当にじゃぶじゃぶ水洗いできるのもポイント。

ブレスレット

ブレスレット初心者は、まずレザーからが安心。きれいめ派にもぴったり!

 

 【きれいめ派のメンズブレス】イタリアンレザー牛革4連ブレスレット2,900円(税抜)

 

比較的に気軽につけられるワックスコードブレスレットも入門編としておすすめです。

 

【春夏ファッションのアクセント】4連ワックスコードブレス2,750円(税抜)

 

ブレスレットなんて恥ずかしいではないかという気持ちがあるかもしれませんが、ひとつは手に入れておくことをおすすめします。

2015 時計ブレス重ね付け.jpg

腕時計に重ね付けするならばブレスレットを使うことへのハードルが下がりますよ~。

 ネックレス

【シンプル】チェーンビーズ切り替えロングネックレス日本製 3,900円(税抜)

 

ネックレスも手軽にアクセントをつけられるので、便利です。今年の夏からデビューしてみてはいかがでしょうか。

 

ネックレスデビューするなら、私だったら厚手ビッグTシャツと組み合わせるかな。そしてハットをプラスして目線を散らし、ネックレスが悪目立ちしないようにしますね。

 

最初はごくごくシンプルなコーディネートに加え続けて、それから、おいおいネックレスの使い方に慣れていけばいいかと思います!

ボウタイ・ニットタイ

2015 白シャツアレンジ ネクタイ&ボウタイ.jpg

ボウタイ・ニットタイも便利です。ただ、コックさんがネクタイ(コックタイと言うらしい)をしていたりしますが、あれは冷蔵庫に入った時の防寒用だという話を聞いたことがあります。
 
つまり、ニットタイ(ボウタイも)、決して涼しくはないのですよね……。
ストール 
夏のストールは、無難とはまた違うゾーンに入っているような気もしますが、ワンパターンな夏の着こなしに新鮮味を出すという点では心強いのは事実です。個人的に男のストールのイメージはこんな感じ。
 
 
ストールに負けない、もしくはストールをしていることに周りが気付かないくらいの本人のキャラの濃さが必要かも思えてくる男のストール。奥が深そう。 
 

「差し色」を投入して夏コーデに新鮮味を!

当ブログは少数精鋭で着まわしを考えるブログ。25着アイテムは白・黒・紺・カーキ・ベージュなどの地味色ばかり選んでいます。
 
少数精鋭な上に、地味色ばかり。そりゃワンパターンになりますよね。なので、地味色コーデにあえて鮮やかな差し色を加えアクセントにします。
 

f:id:jarmusch:20170728094118j:plain

差し色は、全面的に打ちだすのではなく、あくまでも部分的に使い、アクセントにする意図で使います。白黒グレーなどの基本色コーデに、コントラストの強い鮮やかな色をポイントになるように配色してみてください。

少ない服で着まわしするメンズファッション 

【差し色アイテム(25着アイテム内)】
・カーディガン ←腰巻きプロデューサー巻きに使う
・ピンクシャツ ←    〃
・デッキシューズ
・きれい色ポロシャツ  
2015 差し色アイテム.jpg
【差し色に使えるアイテム(25着外)】
・トートバッグなどのバッグ
・ストール
・シューズ
・ボウタイ
・ニットタイ

まとめ 

コーデを考える上で実は一番悩ましい季節が夏なんです。寒いのは着込んだり防寒小物をプラスしたりカイロはったりしたらいいけど、暑いのはどうにもならない。裸でウロウロするわけにもいかないし。
 
夏はレイヤードができないのでコーデに広がりがないし、汗やムダ毛の問題もある。暑いからとTシャツ短パンサンダルを組み合わせたら子どもっぽくもなるし……
 
ちなみに、夏ファッションの大前提は「自分も涼しくて、周りからも涼しそうに見える」ことです!
 
どんどん夏が長くなっているのが気になるところですが、少数精鋭でもへこたれず工夫して夏を乗り切りましょう!うぉ~!!