Tシャツコーデと選び方@メンズ!Vネック?クルーネック?それとも? 

スポンサーリンク

夏は1枚で、夏以外はインナーとして着る。オールシーズン使えるTシャツ。だから、着まわしやすいようごくごくシンプルなものを選びたい!

 

今回は、Tシャツの着こなしをご紹介します。白のTシャツとネイビーのTシャツそれぞれの着まわしのコツや注意などなど、Tシャツの選び方や乳首透け問題対策についてもご紹介します!

 

白無地Tコーデ!白Tは着まわしの幅、無限大!めっちゃ使えるよ☆

春・秋・冬、縁の下の力持ち的存在だったTシャツが、一気に主役を張る夏!だって夏は暑さゆえレイヤード(重ね着)がほぼできないですからね~…。

 

特に白無地Tは着まわしの幅無限大!白T自体に特定のイメージがあまりついていないので、どんな役でも演じられる演技派女優みたいなもんです。

f:id:jarmusch:20170618205155j:plain

無地の白Tは爽やかという性質を持つものの、他のトップス、さらに紺Tと比べると極めて「無味無臭」。だから、何を加えるかでガラっと雰囲気が変わる。白Tは、着こなしがいのあるアイテムなのです!

2014.10.2 Tシャツにストールプラス.jpg
白Tに小物で色を差すと、小物の色がキレイに映えます。
2015 白Tをチラ見せ.jpg
襟元からTシャツをちらっと覗かすというテクニックも。

白T×デニムは危険?無難に着こなすコツ

白Tの「無味無臭」という性質が裏目に出ることもある、ということも頭に入れておきましょう。

2015 白T×デニム×スニーカー.jpg
超さわやかですが、勇気のいるスタイル。どシンプルな白T×デニムという組み合わせは男前限定か?鍛え上げた肉体を持つセレブなら似合いそう。白T自体に主張がないので着る人の個性を問われる、という感じでしょうか。
 
「男前の自負がないならハードルを下げよう!」 
  1. 腰巻き、プロデューサー巻き
  2. 足元ではずす→差し色の靴とか
  3. バッグではずす→リュックや差し色バッグ
  4. ハットなど帽子を加える。
  5. デニムの裾はロールアップetc.
2015 白T×デニムアレンジ.jpg
とにかく、「タンスの引き出しから適当に選んだら白T×デニムになった」という油断イメージから遠ざかるようにするのがハードルを下げるコツです。
 
これらのコワザは、白T×デニムだけでなくとも、他のボトムスと白Tとの組み合わせでも応用できます。もちろん、紺Tもです。
 
さらに言うと、①+②とか、②+④などなど、コワザ同士を組み合わせてもよいのです(ただし、鏡を見てバランスをとりましょう。やりすぎだなと感じたら引き算するだけ)。
 
ちょっと手を加えるだけで印象がかなりかわるので、やっぱり白Tは便利だなと思います。キャラクター的には、白シャツと同じですね。
 

ネイビーのTシャツコーデのココに気をつけろ!

洋服には、男度の高いアイテムと女度の高いアイテムがあります。カーゴパンツやワークブーツは男度の高いアイテム。これら男度の高いアイテムを積み重ねていくと、どんどんマッチョな感じになっていきます。特にワークブーツをブーツインすると……  
2015 紺T×カーゴ【ブーツイン】.jpg
間違いではないし、ミリタリー好きであえてそうしたいのならいいのですが、女子ウケがいいかというとそうでもないのですよね。
 
ワンコーデにミリタリー系アイテムは1個、もしくは2個まで!などと縛りをもうけておいた方がよいかもしれません。

なんにせよトゥーマッチは女子ウケしないのだ!

女子ウケ悪いファッションの傾向と対策!「ダサい男」判定の根拠とは?


まあ、実害といっても「この人はミリタリーおたくなのかな?」と不審がられるか、女子会のときのネタになるくらいですので気にしないという作戦もありだとは思います。 
 

紺T×デニム→ワントーンコーデ?

シンプルに、紺Tにデニムを合わせて、靴も黒やネイビーだったりしたらワントーンコーデのできあがり!ですが、こちらも白Tとは違う意味で危険度が上がるコーデです。  
2015 紺T×デニム【ブーツイン】.jpg
※ブーツインになっとりますが…
 
でもちょっと待ってください。それって「あえての」ワントーンですか?デニムonデニムと同様、ワントーンコーデもなかなかハードルが高いのです。
 
あえてのワントーンでないのだとしたら、シャツを羽織ったり(羽織りものはネイビー以外で。黒もワントーンっぽくなります)、白スニーカーにしたり、ハットをかぶったりして少しイメージをずらしてみてください。 
2015 紺Tアレンジ.jpg

Tシャツをインナーとして扱う重ね着コーデ!

ひき続き、コーデのお話を!当ブログは少数精鋭25着のアイテムで通年着回すことを狙っているので、それぞれのアイテムとTシャツとの組み合わせを考えようと思います。 

Tシャツ×トップス

シャツやニットをTシャツに羽織るコーデ。

f:id:jarmusch:20170618205135j:plain

Tシャツ×軽アウター

Tシャツに軽アウターを羽織るコーデ。

f:id:jarmusch:20170618205124j:plain

テーラードジャケット|ショールカラーカーディガン|カーディガン|ダウンベスト

 

テーラードやカーディガンのインナーをエリ付きのシャツにすると、きちんと感が出ますが、インナーをTシャツにするとカジュアルでリラックスした雰囲気になります。

Tシャツ×アウターonアウター

Tシャツをインナーとしつつも、レイヤードに工夫してニュアンスを出すコーデ。参考までに!

f:id:jarmusch:20170621210052j:plain

アウター同士をレイヤードしたり、シャツを羽織りフロントを開けたままにして、さらにアウターを羽織るなどなど。

 

(アウターonアウターの例)
・テーラードジャケット×ダウンベスト
・ミリタリージャケット×パーカー

アウターonアウターの組み合わせは無限大なのです。重ね着は楽しい! 

紺T ver.

 

f:id:jarmusch:20170621210036j:plain

白Tを紺Tに。白Tだとさわやかで軽快な雰囲気ですが、紺Tだと重くてワイルドな感じになります。

Tシャツ×重アウター

PコートのインナーがTシャツのみというコーデ。

2015 T×重アウター.jpg
 
例えば、冬の時期、Tシャツ1枚で過ごせるくらい暖かい職場に勤める自動車通勤の人などは該当するかもしれません。

Tシャツ×ボトムス

白Tver.!

2015 白T×各ボトムス.jpg

紺Tver.!

2015 紺T×各ボトムス.jpg

まとめ

カジュアルファッションにおいては、あってあたりまえな存在のTシャツ。一度ポテンシャルを見直し、着まわしの幅を広げてみてはいかがでしょうか。
 
なんとなく着ることができるのもTシャツのラクなところですが、頭を使って着るのも楽しいですよ!