25着でオールシーズン着まわすメンズファッション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pコートのコーディネート:テーラードジャケットとの重ね着etc.

着まわし
Pコート 冒頭.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
前回の記事ではなぜPコートを選ぶのかを説明しました。
 
・ジャケット的着回しができる。
・キレイ目カジュアルに合致。
・きちんと感がある。
 
今回は、そんなPコートのコーディネートを提案します。
 
 

 
 

Pコート×各ボトムス

2014 Pコート×4ボトムス.jpg
チノパン|カーゴパンツ|デニム|クロップドパンツ
 
25着に選んだ5ボトムス、どれと合わせても変ではないのですが、ショートパンツはアレンジして組み合わせた方がいいかもしれません。
 
Pコートを羽織るということは、それなりに気候が寒い。そんなときに生足でショートパンツを履けば、自分は平気でも周りをブルっと寒がらせてしまいます。 どうしても、Pコート×ショートパンツのスタイルを楽しみたいのなら、ショートパンツとレギンスを合わせるなどしましょう。
 

Pコート×トップス

2014 Pコート×長袖シャツ3.jpg
 
Pコートのインナーは、25着に挙げたトップスどれを着ても構いません。Pコートを着てボタンを全部留めてしまえば中身は気にならないというのも消極的なひとつの理由ではあります。
 
ピンクシャツを着るのがこっぱずかしいという人は、アウターを羽織る季節がチャンスかもしれません。

 

半袖トップス×Pコート

Tシャツや半袖シャツなどの半袖トップスらのうえに直接Pコートを羽織るとき、それは、室内と室外の寒暖差が激しいときですよね。
 
ただ、室内にて、他の人は長袖を着ているのに、コートを脱いだらひとりだけ半袖だったとしたら、多少周りの反応がふわっとすることはいなめないかもしれません。

 

Pコート×インナー・軽アウターの重ね着

2014 Pコート×3アウター.jpg
 
イラストでは、インナーを長袖シャツとしていますが、カーディガンやテーラードやニットのインナーにTシャツも着こんじゃいましょう。
 
冬場は全体的に暗い色になりがちなので、青カーディガンや白シャツ、白スニーカー、ピンクシャツなどの爽やかな色のアイテムを利用して重苦しさを脱却したい。

 

Pコート×テーラードジャケット

きれい目カジュアルの防寒用アウターとしてなにかと便利なPコート。せっかくですから、着回しをしたいので、テーラードジャケットの上にも着ます。
 
テーラードの上にPコートをはおることに違和感がある人もいるかもしれませんが、スーツの上にコートを着ることを考えると、特に不自然ということもないでしょう。
 
気を付けるべきは、テーラードジャケットとPコートの丈。Pコートからテーラードの裾がはみ出さないよう気をつけます。この点は、スーツのうえにコートを羽織るときと同じです。
 
それから、Pコートをジャストサイズで着るのもなかなかかっこよくていいのですが、テーラードの上に羽織ることを考えると、ワンサイズ上を選んだほうが無難かもしれません。
 
Pコートならワンサイズ上くらいでも、それほど違和感はないかと思います。 冬場、コートを着るようになると、ついついコートの下のコーディネートをサボってしまいがちですが、テーラードを着こんでおけば、コートを脱いでも、「サボってる感」は出ないはずです。

 

Pコート×ショールカラーカーディガン

Pコートのサイズがゆったりめなら、タイトめのショールカラーカーディガンを着こんでもOKです。 ただ、Pコートがタイトで、ショールカラーカーディガンがゆったりめで着た感じがぴっちぴちになっているのなら仕方なくあきらめることとしましょう。

Pコート×ダウンベスト

これもまた、サイズ感の塩梅しだいなのですが、ショールカラーカーディガンと逆に、Pコートがタイトで、ダウンベストがゆったりめならPコートのうえにダウンベストを羽織るというコーデもおもしろいかもしれません。
 

Pコート自体の着こなしバリエーション

Pコートは、ボタンをどれくらい留めるかでも雰囲気を変えることができます。
 
・すべてのボタンを留める。
・途中までボタンを留める。
・フロントを開けてジャケットのように着る。
 
2014 Pコート 着こなし.jpg
チンストラップがついているPコートに限りますが、ボタンをすべて留めてさらにチンストラップをとめると、かなり暖かくなります。 他にもタイを利用したり、襟立てをしたりしても雰囲気が変わります。
 
もちろんストールやマフラーを使っても印象が変わります。冬コーデはとかく単調になりがちなので、少数精鋭派は工夫したいのです。
 
 

 

まとめ

防寒性もあり、着まわしの幅も広いPコート。着丈に注意すれば、スーツの上にもはおれます。 ダウンもいいけどPコートも便利ですよ!

 

 【参考商品】
 
 
【関連記事】