帆布キャンバストートバッグ人気ブランド@メンズ!大学生向けなど無地の海外国内ブランド17選 

スポンサーリンク

f:id:jarmusch:20180605135045j:plain:w250一見地味だが、一家にひとつはあるであろうキャンバストートバッグ。耐久性や機能性、無骨さがその魅力です。

今回は、海外・国内ブランド、老舗ブランドやテント屋さんなどにカテゴリ分けして、ショルダー、2wayなども含め無地の帆布/キャンバス生地トートバッグのおすすめブランドを紹介していきます!

帆布とは?

Sunset Sail帆布(はんぷ)とは綿や麻素材の撚り糸を平織りにした厚手の生地のことです。帆布は「キャンバス」とも、帆船の帆に使う布のことを指すため「ほぬの」とも呼ばれます。

帆布の特徴

  • 耐久性に優れ丈夫

  • 通気性がある

  • 使い込むほど味が出る

帆布はその特徴からバッグや靴、テントやトラックの幌など、生地の強さ、耐久性が必要な製品に使用されます。スニーカーだとCONVERSEやVANS、KEDS などでもおなじみですね。

号数による綿帆布の分類

綿帆布は糸の撚り合わせ数や密度によって1号から11号までに分けられます。 f:id:jarmusch:20180605135101j:plain 出典:帆布サイズ表|丸進工業

以前はJIS規格(日本工業規格)にも綿帆布のカテゴリーがありました(JIS L3102)。現在は廃止されていますが、業界的には廃止されたJIS規格をそのまま使用しているようです。 

一応、製品としての綿帆布の定義としてはこんなカンジになりそうです。

  • 平織物

  • タテ糸・ヨコ糸とも10番手以上を使用

  • 特にタテ糸に撚り糸を使う

撚り糸とは、ねじり合わされた糸のこと。複数の糸をねじり合わせることで糸を丈夫にするのだ。 f:id:jarmusch:20180605135020j:plain 出典:工場のご案内|株式会社タケヤリ

平織物はタテ糸とヨコ糸を交互に織り込んだもの。織物としては最も単純な構造となります。 f:id:jarmusch:20180605135123j:plain 出典:平織物組織図|Wikipedia

帆布は、号数が少ないほど密度が高く厚手になります。

【帆布の号数と用途】
1号 馬具の基布
2号 ベルトコンベアーの基布
3号 相撲の稽古まわし・船舶ハッチカバー
4号 体育館フロアシート・船舶ハッチカバー
5号 犬のオモチャ
6号 体育館用マット
7号 帽子・シューズ
8号 ホワイトデニム・モップ
9号 トラックのシート・ホワイトデニム
10号 空手衣・少林寺拳法衣
11号 エプロン・エコバッグ
(参考)[サイズ表|丸進工業](http://www.hanpu-ya.com/pg63.html)

 
こちらは防衛省の仕様書。 f:id:jarmusch:20180605135056j:plain 出典:帆布(CLOTH,DUCK)|防衛省仕様書改正票

丸進工業さんと規格はだいたい一緒なので、防衛省も昔の綿帆布のJIS規格を使用していたと考えられます。

ちなみに麻帆布のJIS規格(JISL3402)は健在です~。
JISL3402 001|日本工業標準調査会(PDFファイル)

オンスによる帆布の分類

帆布は号数だけでなく、オンスによっても分類されます。オンスとは重さの単位。1平方ヤード(1ヤード×1ヤード)あたりどれくらい生地の重さがあるかで、帆布の厚みを推測し分類します。

  • 1オンス(oz)=28.349523125 g

  • 1ヤード(yard)=0.914m

オンスによる分類は、面積あたりの生地の重さなので厚みというより密度による分類です。号数とは逆で、オンス数が大きくなるほど生地が厚くなります。 f:id:jarmusch:20180605135120p:plain 出典:“号”と”OZ”|TAKE & SONS Official Site

平方ヤードあたり8オンス以上がオンス分類による帆布の定義。また、生地の厚みをオンスではなく1m²当たりのグラム数(g/㎡)で表わすこともあります。

帆布/キャンバストートバッグの各ブランド

それでは、帆布/キャンバストートバッグの主なブランドを紹介していきます。キャンバストートもタイプがいろいろありますので、目的に合わせて選んでみてください。

  • 丈夫さや耐久性が大事→より厚手のもの

  • 弁当を入れたい→マチ幅が大きいもの

  • 電車通学・通勤で中身を見せたくない→開口部がファスナーや巾着式

  • 両手を空けたい→持ち手が長いもの・ショルダーベルト付きのもの

サイズ表記についてはこちらを参考に。 f:id:jarmusch:20180604204241j:plain:w270 【ISO216による紙の寸法】
B5サイズ:18.2×25.7cm
A4サイズ:21.0×29.7cm
B4サイズ:25.7×36.4cm
A3サイズ:29.7×42.0cm
B3サイズ:36.4×51.5cm

海外ブランド

まずは海外ブランドを国別にご紹介。

Ron Herman(ロンハーマン):アメリカ

1976年、ロサンゼルス発祥。アパレルだけでなく家具や雑貨も扱う西海岸系ライフスタイルショップの王者、ロンハーマン。西海岸カルチャー流行の火つけ役です。


こちらはロンハーマンの刺繍ロゴトートバッグ。

オシャレブランドでドヤッ!できそうなのに2,000円程度と意外にお手頃価格。

持ち手が60cmと長めなので肩かけ可能。シンプルで使い勝手のよいデザインかつB4がラクに入る大容量サイズなのでエコバッグはもちろん、なにかと出番がありそう。内ポケットあり。カラーはブラック・ホワイト・ネイビー・グリーン。

(仕様)

  • タテ39×ヨコ41×マチ15cm
  • 持ち手の長さ:60cm

L.L.Bean:アメリカ

1912年にレオン・レオンウッド・ビーンが創業したL.L.Beanは、アメリカのアウトドア用品メーカー。本社はメイン州フリーポート。現在の会長のレオン・ゴーマンはレオン・レオンウッド・ビーンの孫にあたります。

L.L.Beanの代表的存在といえる定番トートバッグがアイスキャリア、別名ボート・アンド・トートバッグです。ボート・アンド・トートの原型は1944年に販売された氷の塊を運ぶためのバッグ。TOTEとは「運ぶ」という意味なのでまさしくトートバッグですね。f:id:jarmusch:20180605135126j:plain:w250 出典:バックグラウンド|L.L.Bean公式通販

これはこれでなかなかカッコいい。


現代版はコチラ。販売当時から24オンスのキャンバス地を使用。船のハッチカバーなどに使用される4号帆布に該当するので、トートバッグとしてはゴツゴツに厚い!ビシっと自立するのもL.L.Beanらしい。

生地が重なる部分はナイロン糸のダブルステッチ。底部分は持ち手と同色のキャンバス生地で補強。機能的でデザイン性にも優れるためこの様式は他ブランドにも踏襲されていたりもします。サイズはS・M・L・XL。 f:id:jarmusch:20180605135112j:plain:w250出典:ボート・アンド・トート・バッグ、オープン・トップ|L.L.Bean公式通販

持ち手までも24オンスだと、手に下げて持つにはシンドイと言えないこともないのですが、すべてのサイズで肩かけ可能な持ち手(高さ:36cm)を選択できます。

サイズ 持ち手の高さ
S タテ27×ヨコ24×マチ13cm 13cm
M タテ30 ×ヨコ33 ×マチ15cm 15cm
L タテ38 ×ヨコ43 ×マチ19cm 20cm
XL タテ43 ×ヨコ48 ×マチ25cm 25cm

MAISON KITSUNE(メゾンキツネ):フランス

2001年、黒木理也とジルダ・ロアエックの二人組がプロジェクトKITSUNE をスタート。2002年、パリにインディペンデントレコードレーベル設立。2010年から名称をMAISON KITSUNEに変更しています。

  • ファッション担当:黒木理也(Masaya Kuroki)

  • 音楽担当:ジルダ・ロアエック(Gildas Loaec)、元ダフト・パンクのマネージャー

  • アート担当 :アバケ(Abake)、グラフィックデザインチーム

KITSUNE は、個人的には「KITSUNE を知っている人と知らない人とで事故が起こりがち」なブランドだと思ってます。

◎パリジャン事件(2014年)

有吉弘行氏が、紗栄子さんからプレゼントされたパリ土産のキャップを「もっとなんかなかったの?」(つまり、ダサい)と断罪。氏のツイッターに「それはKITSUNE のキャップだ」と指摘が入ると「ブランド名を言えばオシャレなのか」「ブランド名を言えば『オシャレだろ?』って言うヤツがダサい」とさらに断罪。
有吉、紗栄子のお土産めぐり怒り|livedoorNEWS

◎渡辺裕太vs.スタジオ出演者ら(2014年)

某バラエティ番組にタレント渡辺裕太さんがKITSUNE のニットを着て出演。他の出演者が「そのキツネはいったい何?」的に総ツッコミ。渡辺裕太さん、黙ってればいいのに「これは、KITSUNE というオシャレなブランドのセーターなんです!!!」などと弁明。


当時よりは認知されてきているとはいえ、KITSUNE はファッション苦手な人と混ぜてはイケナイまだまだ危険なブランドなのかもしれません。だけども、キャンバストートくらいなら無難だし大丈夫!だってやっぱりカワイイんだもん!

こちらはKITSUNE のショッピングバッグ。A3サイズOK。肩掛けもOKです。

(仕様)

  • タテ34×ヨコ48×マチ13cm

  • 持ち手の長さ:56cm

KITSUNE はコンピレーションアルバムも人気です。目利きなキツネ☆

MHL.(エムエイチエル.):イギリス

MHLはイギリスのアパレルブランド「MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)」のカジュアルラインです。

メインラインのマーガレット・ハウエルの機能性・上質さ・シンプルさを残しつつも、普段使いできるカジュアルさもあるブランド。ワーク・ミリタリーテイスト強めなので男性も取り入れやすいのだ。

MHL.のヘビーコットンキャンバストートバッグ。A3サイズOK、肩掛けOK。内ポケットあり。

(仕様)

  • タテ33.5×ヨコ48× マチ14cm

  • 持ち手の長さ:49cm

KITSUNEと同様、ファッションだけでなくライフスタイル全体に哲学を持つマーガレット・ハウエル。

KITSUNE の軸はファッション&音楽だが、マーガレット・ハウエルの軸はファッション&インテリアという印象。

marimekko (マリメッコ):フィンランド

マリメッコを代表するのが、ケシの花をモチーフにしたUNIKKO(ウニッコ)柄。見かけることも多いのではないでしょうか。

1951年にアルミ・ラティア(Armi Ratia)とその夫ヴィリオ・ラティア(Viljo Ratia)が設立したマリメッコは、フィンランドのアパレルメーカー、かつ、同社が展開するファッションブランド名です。


ちなみに、マリメッコとはフィンランド語で「マリーのドレス(mari:マリー、mekko :ドレス)」という意味です。mariは創業者アルミArmi のアナグラムだそうです。f:id:jarmusch:20180605135109j:plain:w300出典:Helsinki, Kamppi: Marimekko-Verkaufsstelle|Wikimedia Commons


店舗がこんな感じだし、可愛らしいマリメッコ柄といい、男性には無縁のブランドなのかと思いきや、マリメッコには逸品があるのだ!

マリメッコのUusi Matkuri キャンバストートバッグ(マトクリ/マツクリ)!!Matkuriは観光という意味なので、旅行のための機能的で大容量なバッグを想定しているようです(ちなみにuusiとは、フィンランド語で「新しい」という意味)。


マツクリの特徴は開口部分をひっぱりだしたり、折り曲げたりして容量を変えることができるところ。トートバッグの中身を見られたくない派にはうれしい開口部ファスナー式。


無地のものが人気ですが、マリメッコならではの柄タイプもあります。サイズは通常サイズとミニサイズ。ミニといっても観光という名にたがわずA3サイズOKな大きめの容量。どちらのサイズとも肩かけ可能。内ポケット付き。

(マツクリ仕様)

  • タテ47×ヨコ52× マチ23cm

  • 持ち手の高さ(開口部を持ち上げた場合):24cm

    (ミニマツクリ仕様)

  • タテ33×ヨコ44× マチ13 cm

  • 持ち手の高さ(開口部を持ち上げた場合):15cm

Freddy Leck sein Waschsalon(フレディレック・ウォッシュサロン):ドイツ

フレディレック・ウォッシュサロンとはベルリンと東京にあるコインランドリー。カフェを併設した、なんともオシャレで優雅なコインランドリーなのだ。

そんなフレディレック・ウォッシュサロンは白地に青ロゴが入った清潔感あふれるグッズも展開。

こちらはA3サイズOKのランドリートートバッグ。ランドリーバッグなのでL.L.Beanほどの頑健さは期待できませんが、人と違うキャンバストートバッグをお探しの方向きかも。

3,000円程度のお手頃価格。ショルダーバッグとしても使えます。開口部は巾着。外側と内側にポケットがひとつずつ。フレディレックのグッズは日本の方が豊富に展開されているようです。


(仕様)

  • タテ32×ヨコ52×マチ25cm 

  • 持ち手の長さ:30cm

  • 持ち手の高さ:12cm

  • ショルダーの長さ:70cm

国内格安キャンバストートブランド

オシャレとか、ありがたい種類の帆布とかは別に気にしていない。「とにかく、シンプルで安いキャンバストートぷりーず!」という人のために、主に国内プリンタブルウェアメーカーのブランドをご紹介します。

United Athle(ユナイテッドアスレ)

日本のアパレルメーカー『キャブ株式会社』の代表ブランドで1998年生まれのユナイテッドアスレ。 キャブ株式会社は1930年、愛知県発祥。国内プリンタブルウェアメーカーとしてはかなり古い歴史を持つ会社です。

こちらはユナイテッドアスレのヘビーキャンバストートバッグ。14.3オンス。帆布の号数だと9~10号くらいなので、トラックシート~空手着くらいの厚みです。サイズ大はA3、中はB4が入る容量。コンパクトに折り畳めるので自立はしません。

シンプルが過ぎるくらいシンプルなデザインなのでコーデを邪魔しない。学生さんが毎日使うのにも便利そうですね。超頑丈なエコバッグ・サブバッグとしてもイケそう。色は10色。ヘビーユースに耐えるのにお値段なんと1,000円程度です!

(サイズ大の仕様)

  • タテ35×ヨコ49×マチ10cm

  • 持ち手の長さ:56cm
    ※大は内ポケットなし
    ※マチ部分を立体的にするとヨコが39cmになります。

    (サイズ中の仕様)

  • タテ35×ヨコ40×マチ10cm

  • 持ち手の長さ:51.5cm
    ※マチ部分を立体的にするとヨコが30cmになります。

Printstar(プリントスター)

1999年生まれのプリントスターはトムス株式会社のブランド。トムスは1981年創業。こちらもアスレと双璧をなす国内プリンタブルウェアメーカーの老舗です。

プリントスターのスタンダードキャンバストートバッグ。約12オンス。12オンスは帆布の号数だと10~11号くらいで空手着~エプロンくらいの厚みです。サイズはS・M・L。 f:id:jarmusch:20180605135105j:plain 出典:Tshirt.st

21色展開と、カラバリ豊富なのはプリンタブルウェアメーカーならではという感じ。Sサイズは400円程度と、激安です!  

サイズ 持ち手の長さ
S タテ20×ヨコ30×マチ10cm 29cm
M タテ38×ヨコ36×マチ11cm 47cm
L タテ40×ヨコ48×マチ15cm 60cm

※SはA4がギリ無理なサイズ。MはB4サイズOK、LはA3サイズOKです。

TRUSS(トラス)

2003年設立、フェリック株式会社のブランド『トラス』。こちらも、国内プリンタブルウェアメーカーのひとつです。

こちらはヘビートートバッグ。16オンス。帆布の号数だと8号にあたり、ホワイトデニムくらいの厚さ。A3サイズOK、肩かけOK。

デザイン的にはL.L.Beanを踏襲している感じですね。L.L.Beanのデザインは好きだけど、L.L.Beanほどゴツゴツの厚手感はいらないという人向き。持ち手と底はレッド・ネイビー・グリーンの3色です。1,500円程度。

(仕様)

  • タテ35.5 ×ヨコ45× マチ15.5cm

  • 持ち手の長さ:65cm

ノーブランド 

プリンタブルウェアメーカーでもなくノーブランドですが、なかなかできる感じなので挙げておきます。

A3サイズOK。外側にポケットが3つ、内側にファスナーポケット1つ・普通のポケット1つ。取り外しできるショルダーベルトあり。開口部はファスナー式。頑健さは期待しにくいですが、ノーブランドながらもなかなかおりこうさんなのでは。3,000円程度です。

(仕様)

  • タテ32×ヨコ43×マチ13cm

  • 持ち手の長さ:48cm

  • 持ち手の高さ:17cm

技術が映える!国内テント屋さんのキャンバストートバッグ

工業用帆布を扱うテント屋さんもバッグ作りに参入しています。テント屋さんの帆布バッグ、ワクワクしますよね!

SATO BOSUI TEN (サトウボウスイテン)

大分市の有限会社佐藤防水店は創業1951年の老舗テント屋です。四代目佐藤晃央氏がアパレル会社勤務の経験を活かし、工業用帆布でのバッグ作りに着手。テントを作っていた職人さんがテントを作る素材や道具を使ってバッグを作ります。

こちらはBucket (バケット)。ワンショルダーの肩かけバッグ。楕円のフォルムでまさに布バケツといった風情。

Mサイズ、A4サイズOKです。ベルトコンベアーの基布としても使用する極厚の2号帆布を使用。ハンドルは栃木レザー、ハンドルと本体のつなぎは真鍮リベット。

ぐるりと外側をおおおうツールポケットが楽しい。カラーはエクリュ(生成り)・オリーブ・ネイビー・グレー。

(仕様)

  • タテ35×ヨコ35×マチ11cm 

  • 持ち手の長さ:53cm 

村本テント 

北海道岩内町にある村本テント。1911年に馬具店として創業し、1960年にテント店に転向。三代目が帆布バッグに着手しました。 f:id:jarmusch:20180605135023p:plain:w200 出典:マチ付きトート|村本テント

撥水加工処理済みの6号帆布を使用。6号帆布は体育館用マットにも使用する厚み。ひとつひとつ職人さんが手作りをしているのに5,500円(税抜)~と、かなりのお手頃価格なのではないでしょうか。A4サイズOK、B4はギリギリ。
(仕様)

  • タテ28×ヨコ36×マチ15cm


リアルガチな実用品を揃える村本テントは、山菜採り用リュックや薪バッグなど岩内町の生活に即した商品を見るのも楽しい。山菜採りにマストな熊よけの鈴も扱っています。北海道の野生熊はヒグマですもんね……。
村本テント 

生地にこだわる国産メーカーのブランド

帆布/キャンバス生地にこだわるブランドもチェックしてみましょう!

FLANDERS LINEN(フランダースリネン)

興和株式会社の登録商標でもあるフランダースリネンは、フランダース地方を中心に収穫された高品質リネンを使用。2012年にくまモンをデザインした水野学氏が企画提案し、各社アパレルブランドへの素材提供も行っています。

フランダースリネンのトートバッグの素材はコットン80%、リネン20%。自立しない、くたっとした生地の質なのでサブバッグとしても使えます。

カラーはベージュ・イエロー・カーキ・スカイブルー・エクリュ(生成り)・ネイビー・レッド・ホワイト・グレーの全9色。イエローやスカイブルーなどは、鮮やかだけどなんともいえないやさしい雰囲気で、色選びに苦労しそう。

サイズは5種類。必要な大きさをビシっと選べます。

サイズ 持ち手の長さ
size1 XS タテ18×ヨコ36×マチ13cm 36cm
size2 S タテ24×ヨコ49×マチ15cm 49cm
size3 M タテ30×ヨコ57×マチ19cm 49cm
size4 L タテ37×ヨコ62×マチ25cm 58cm
size5 XL タテ40×ヨコ74×マチ25cm 58cm

XSはB5サイズ、ランチバッグや散歩用に。XLはB3余裕でOKのかなり大容量なのでランドリーバッグとしても使えそう。

通学用ならMかLあたりを。MはギリA3サイズOK。肩かけできますが、素材的に教科書を何冊もガシガシっと入れるのは難しいかも。内ポケットあり。

ちなみに、フランダース(フランドル)地方とは旧フランドル伯領を中心としフランス、ベルギー、オランダにまたがる歴史的地域の総称です。レイエ川の恩恵を受けリネン栽培が盛んになった地域です。

ベルギー北部フランダース地方の都市、アントワープ/アントウェルペンを舞台とするのが『フランダースの犬』です。

コーワと繊維産業

フランダースリネンを立ち上げた興和は、医薬品等ヘルスケア商品、光学関連商品の製造・販売会社。本社は名古屋市にあり、興和グループの統括会社でもあります。

コーワと言えば、コルゲンコーワやキャベジンコーワ、キューピーコーワ、バンテリンコーワ、ウナコーワ……。また、コルゲンコーワのマスコットキャラクター『ケロちゃん』でもお馴染みの会社。 f:id:jarmusch:20180605135129j:plain 出典:ケロコロヒストリー|Kowa

医薬品の印象の強い興和ですが、前身の服部兼三郎商店はもともと繊維問屋であり、1919年には紡績業を開始して豊田佐吉(トヨタ自動車の創始者)の自動織機開発を支援していたりします。

興和グループ内の兄弟会社に興和紡株式会社もありますので、古くから繊維産業と縁のある会社なのです。

倉敷帆布/バイストン

タケヤリと丸進工業の二社からなる『倉敷帆布』の販売会社が株式会社バイストンです。

倉敷帆布は岡山県倉敷で生産される帆布を指す一般名でもあるのですが、一方でバイストン、株式会社ハート・プランニングの二社による登録商標でもあり、はたまた、バイストンが擁するいちブランド名でもあるのです。

UNDER CANVAS(アンダーキャンバス)

アンダーキャンバスはバイストンが擁するファクトリーブランドのひとつ。

こちらはアンダーキャンバスの2WAYート。A3サイズもOKの大容量トートバッグです。

ベルトコンベアーの基布にも使う2号帆布を使用。2号帆布は工業用での出番が多い極厚手、ゆえにバッグ自体に重量があります(約1.19kg)。

外側に小ポケットが2つ、内側に大ポケット2・小ポケット1と、ポケットがいっぱいあった方が便利という人向けでもある。持ち手やショルダーベルトは牛革です。大人っぽいデザインなので、ビジネスバッグとしても使えそうですね。

(仕様)

  • タテ30×ヨコ(上部)47・ヨコ(下部)44×マチ16cm 

  • 持ち手の長さ:46cm

  • 持ち手の高さ:19cm

  • ショルダーベルトの長さ:93~106cm

現在、国内の帆布の約70%を生産しているのが倉敷です。周辺がもともと綿花栽培が盛んだったこと、1888年に武鑓(タケヤリ)石五郎と梅が武鑓帆布工場を創業したことなどで、帆布産業が盛んになりました。

シャトル織機とは?

バイストンの帆布は希少なシャトル織機によって織られることもその特徴です。廃盤で、部品の予備もなく、扱える職人も少ないシャトル織機を自社でケアしながら大事に使っているのだそう。

シャトル織機はいわば、きめ細かいご機嫌うかがいを要求し続ける、昔かたぎの頑固ジジイみたいなもんなのです。

シャトルとは、タテ糸に対し垂直方向に往復させてヨコ糸を通す織機用の道具のことです。往復を意味し、日本では杼(ひ)とも呼ばれています。このシャトルを使って布を織る旧式の織機のことを、シャトル織機と呼びます。 f:id:jarmusch:20180605135028j:plain 出典:Shuttles (for hand-weaving) of different age.|Wikimedia Commons

シャトルには糸巻きが内蔵されています。この糸巻きの糸がヨコ糸となり、高低差をつけたタテ糸間を垂直に往復することで布ができます。しかし、このシャトルの存在がシャトル織機の高速化を阻むのです。

シャトルは仕組み上、ある程度の重さが必要なため軽量化に限界があり、高速化することができないのです。

限界を打ち破ったのが、レピア織機やジェット織機などのシャトルレス織機です。

特徴は、タテ糸の間を通るたびにヨコ糸が切断されること。つまり、ヨコ糸の往復運動を手放すことで、高速・大量生産を可能にしたのです。 f:id:jarmusch:20180605135032g:plain 出典:耳の世界|シケンジョテキ(山梨県産業技術センター富士技術支援センター繊維部公式ブログ)

ヨコ糸が往復するシャトル織機では生地の端に耳(セルヴィッジ)ができます。また、厚手生地を織ることも可能。一方、高速化したシャトルレス織機は、太番手の重い糸が使えず厚手の布を織ることができません。

ゆっくりな速度で独特な風合いの織物を作ることができるシャトル織機。ですが、次のようなデメリットがあるため現在の大量生産化・高速化・ハイテク化された織布業界では出番がなくなり、製造するメーカーもゼロとなってしまったのです。

  シャトル織機のデメリット
生産性が低い  
製品を均質化しにくい ・織機1台ずつにクセがある
・シャトル受けなど各部に革を使い気温や湿度変化で伸縮
メンテナンスに手間がかかる ・人の手によるきめ細かい微調整が必要
・扱える職人の高齢化・減少
・木製シャトルが摩耗する

デニムなんかでもセルビッチデニムがやたらとありがたがられていますが、それは希少なシャトル織機で織られた証だからなのですね~。

国内:その他ブランド

魅力的なキャンバストートバッグブランドは国内にもまだまだあります。

TEMBEA(テンベア)

本社は東京都渋谷区の株式会社TORSOが擁する「テンベア」。他企業とのコラボレーションも多いブランドです。

こちらはこどもBEMSとコラボした、ロゴタイプの2WAYマザートート。ショルダーベルトがついているので両手を空けられます。

A4サイズOK。内部には4面ポケットで収納も充実していて機能性が高い。レザーのハンドル&ショルダーがデザインのポイントとなっています。

(仕様)

  • タテ33.5×ヨコ29.5×マチ18.5cm

  • 持ち手の長さ:40cm 

  • 持ち手の高さ:23cm

  • ショルダーの長さ:77cm

テンベアのキャンバス生地もシャトル織機で織られています。通常の糸からさらにケバケバを取り除いたコーマ糸を使っているので、なめらかで光沢のある質感。また、パラフィン(特殊ワックス)加工により、帆布の弱点でもある防水性の低さをカバーしています。

テンベアとはスワヒリ語で「放浪」とのこと。創業のタイミング次第でエグザイルとかバガボンドとかドリフターってブランド名になってたのかも~?

ateliers PENELOPE(アトリエペネロープ)

創業 1996年、株式会社ペネロープのブランド「アトリエペネロープ」。中目黒にショップを併設したアトリエ兼オフィスを構えます。

一番最初にできたというシリンダーバッグがアトリエペネロープの代表的存在。シリンダーとは円筒を意味します。

持ち手の長さが20cmと短めなので肩かけはできません。ギリギリA3サイズ。薄手の10号帆布が2枚仕立てになった構造で自立します。10号帆布は空手着の厚さ。

表面はパラフィン(ロウ引き)加工。創業者がインスピレーションを得たトラックの幌を再現しています。使ううちにロウがヒビ割れして自然なシワが入ること、落ち着いていながら鮮やかななんともいえない色合いも特徴です。

(仕様)

  • タテ29×ヨコ44×マチ26cm

  • 持ち手の長さ:20cm

アトリエペネロープ 

一澤帆布

「キャンバス」バッグではなく、「帆布」バッグがファッションアイテムとして認知されたのは一澤帆布の功績が大きい。

「京都市東山知恩院前上ル 一澤帆布製」と縫い込まれたネームタグが印象的な一澤帆布(一澤帆布工業株式会社)は1905年に初代一澤喜兵衛が京都で創業。二代目常次郎が、帆布を使った職人用ツールバッグや牛乳配達袋などの製作を本格的に開始しています。

信三郎帆布

「信三郎帆布」は新・一澤帆布が展開する3ブランドのうちのひとつ。

一澤帆布の商品は職人にも愛されるシンプルで機能的なデザインが特徴です。もちろん丈夫。商品は一澤帆布にて修理可能です。半永久的に使えますよね。
一澤信三郎帆布

帆布かばん喜一澤

三代目信夫氏の四男で信三郎氏の弟にあたる一澤喜久夫氏が立ち上げたのが「帆布かばん喜一澤」。 f:id:jarmusch:20180605135116j:plain:w250 出典:喜一澤

喜久夫氏は公益社団法人京都デザイン協会が主催する京都デザイン優品に、古巣の旧一澤帆布から出品し、いくつか入賞しています。

  • 1989年入選:だ円型手さげバッグ

  • 1991年入選:スリーウェイバッグ

  • 1993年銅賞:リユック

  • 1994年商品デザイン部門:帆布製ボストンバッグ

ちなみに、新・一澤帆布の信三郎氏も入賞されています(1991年入選:携帯箸ケース、1998年商品デザイン部門 :腕時計)。

今は落ち着いたように見える一澤帆布ですが、一澤帆布というと経営権争いが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

2001年、三代目信夫氏の死去後、経営権争いが勃発。経営権を失った信夫氏の三男信三郎氏は、一澤帆布を去った職人とともにあらたに一澤帆布加工所を立ち上げ……。

結局、長男と三男を対立構造とする訴訟合戦の末、三男信三郎氏が一澤帆布の経営権を取り戻し(現在の一澤帆布の代表取締役は信三郎氏の妻、恵美氏)、騒動は収束。

これ以上詳しくは書きませんが、信三郎氏を主人公とするならば池井戸潤の小説になりそうな騒動だという印象です。

とはいえ、誰が悪いかなんて、部外者にはわかるよしもなく。なんとなく思い浮かぶのは以前、Twitterで流れてたこれですかね……。

騒動のはてにカバン作りの場が兄と弟で分かれてしまったのは残念ですが、帆布カバン界のプーマとアディダスみたくなるのかな~と思ってみたり。

まとめ

キャンバス/帆布生地は機能性が問われる素材のためか、作り手のアツい思いが感じられるバッグが多いような気がします。

こだわりのキャンバストートを思い入れたっぷりに使うもよし、安価でシンプルなキャンバストートを買い替えていくもよし。地味だけど、キャンバストートバッグは我々の生活を支えているといっても過言ではないのだ!