25着でオールシーズン着まわすメンズファッション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プルオーバーニット

トップス:各アイテムを語る

2015 ニット単品.jpg

25着の基本アイテムでは、ニットアイテムとして、カーディガンを2つ選びました。さらにプルオーバーニットも25着基本アイテムに加えます。
 
【目次】
1.なぜプルオーバーニット
2.クルーネックかVネックか
 

なぜプルオーバーニット 

夏以外、秋冬と肌寒い春先に防寒用として取り入れるプルオーバーニット。同じくニット素材のカーディガンがあれば最低限こと足りるのではないかということも思わないではないです。
 
着回しのことを考えると、トップスは前開きのものが便利です。フロントを開けたり閉めたりすることで、印象を変えられるので...。
 
しかし、前開きのニットアイテムであるカーディガン2枚をとっかえひっかえというのもつまらないので、プルオーバーのものがほしかったというのが正直なところです。
 
カーディガンと比較するなら、プルオーバーニットのイメージは、 男らしく紳士的な感じです。 カーディガンよりは、着こなしの幅が減ってしまうプルオーバーニットですが、腰巻きにしたり、プロデューサー巻きにしたりして、幅を出したいところです。
2015 ニット:腰巻&肩掛け.jpg

クルーネックかVネックか 

クルーネックもいいと思いますが、小顔効果を狙うならVネック。さらにVネックは、Tシャツとの重ね着で、「レイヤードしてます」感を出せるので、着回しに一役買ってくれそうです。
 
色は、チャコールグレー、ネイビーあたり。基本色を狙います。 ところでVネックニット、個人的にジャケットの下に着るイメージがあります。なので、両者のイメージの違いは以下のようになると感じています。
 
クルーネック:カジュアル。幼い(若々しい)。
Vネック:きちんと感。大人っぽい。襟もとに変化をつけることができる。
 
ともかく、このブログは着回しをメインに考えているので、襟もとでいろいろ遊べるVネックニットを選択します。
 
ところで、ニットとセーターってどう違う?と、素朴に疑問に思う人は私だけでしょうか。 ニットは編んだ物全般で、セーターはニット生地でできたトップスのことをさすようですよ...。 
 
この記事は次の記事に続きます