25着でオールシーズン着まわすメンズファッション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こなれるってナニ?:こなれ感とメンズファッション

あいまいキーワード

こなれ感襟立て

 
「こなれる」または「こなれ感」。 これまたファッションにまつわるあいまいなキーワードかもしれません。
 
【目次】
1. 「こなれる」の意味
2. こなれ感と制服着崩し

「こなれる」の意味

『こなれる』とは
①「こなす」ことができた状態になる ②技芸などにすっかり熟達して、ぎこちない点が少しも見られなくなる。 出典:新明解国語辞典
1かららすると、「こなす」と「こなれる」は語源を同じとする、仲間のようですね。なので、ファッションにおいて「着こなす」と「こなれる」も仲間ワードとみて差し支えないでしょう。
 
「着こなす」と言えば、対極にあるのが「着られる」。こなれ感という言葉は、これまたあいまいワードの「服に着られている」という言葉に関係してくると思うのです。どうやら洋服を着ることに、3つの段階があるようです。
 
着られるから着こなすへ
服と人の主従関係については↓こんな感じ?
 
人と服の主従関係
とすると、「着られている」から「着こなす」へと橋渡しをするのがこなれ感となるわけで。

こなれ感と制服着崩し

学校の制服を例にします。きっちり正しく制服を着ていたピカピカの新入生。最初は制服に着られている感じ。七五三などで子供が着物を着ている感じですかね。日が経つにつれ、制服を自分なりに着崩していきます。
 
入学当初から卒業まで、制服の着方をまったく変えなかったという人はほとんどいないのではないでしょうか。 最初は緊張感もあって気負って着る制服。「制服に着られている」状態です。
 
しかし、毎日毎日着ていると、そのうち「けっ。また制服か。しかたないから着てやるか」という心持で制服を着るようになり、着崩しが始まります。
 
すると制服のほうだったの主役が次第に人間の方に移行していきます。 「着られる」→「着る」→「着こなす」の流れのできあがりです。
 
つまり、こなれ感とはファッションに自分流の着こなしを加えていき、それが気負った感じになっていない。ということであるのでしょう。
制服着崩し
例が制服で限定的になってしまいましたが、制服の着崩しをする理由は、実は「みんながやっているから。」が一番大きかったりして、私服のこなれ感とはまたちょっと違ったりするかと思いますが。
 
皆がなじみで普遍的に説明できそうだったので制服を例にとってみました。
 
こなれ感の例その1→腰巻&ロールアップ
こなれ感腰巻
 
 
こなれ感の例その2→襟立て
こなれ感襟立て
 
例を見ていくと、こなれ感って言葉そのものもそうですし、なんか恥ずかしいと感じる人がいるかもしれないことは否めませんが...。 次の記事は制服着崩しについておおいに脱線します

 
ほかのあいまいキーワードも我流分析してます