冬服のワンパターンを防ぐ!冬ファッション概論と注意点

スポンサーリンク
2015 冬コーデダイジェスト.jpg
 
おおまかに冬ファッションをとらえつつ、ワンパターン脱出方法もご紹介します。冬服ってワンパターンになりがちですよね。かといって冬用アウターをとっかえひっかえするわけにもいかないし…。

冬ファッション概論と注意点

秋と同様、冬は「重さ」が出るような着こなしをします。夏は「涼しそうに見える」ことを意識しますが、冬は逆に「暖かそうに見える」ことを意識します。 冬は防寒性に優れた以下のアイテムたちをメインにします。
 
2015 冬アイテム.jpg
Pコート|チャッカブーツ|ワークブーツ|ミリタリージャケット|プルオーバーニット|ショールカラーカーディガン|青カーディガン
 
「自分は暖かいけど周りから見ると寒そうに見える」は失敗です。洋服は暑さ寒さをしのぎ、危険から身を守る実用的な道具でもありますが、他人からするとあなたを表現する記号のようなものです。
 
おしゃれではなくてもいいので、あなたを見た誰かがブルっと震えることのないように。

 

冬コーデの注意点

  • ワンパターンになる・マンネリ化する
  • 重苦しくなりがち
「重さ」が出るような着こなしを、と言っておいてなんなのですが、重いイメージばかりになるのもキビしいのですよね。空はどんよりと曇り、陰鬱な雰囲気が漂う冬。ず~っと重苦しい服装が続くのもあまりよろしくない。

冬はワンパターンになりがち

冬用アウターはPコートと、ミリタリージャケットの2つだけ。
2015  重アウター×2.jpg
これらをじゅんぐりに着る…。いつも黒っぽい人。そりゃワンパターンになりますよね。 いくらインナーは工夫していたとしても、アウターを羽織ってフロント締めてしまうと、変わり映えのしない状態が続きます。 変わり映えのしない重アウターが続く場合どうしたらよいか?
 
  • あったか小物を利用
  • ダウンベストをアウターに重ね着
  • 差し色を使う
  • アウターのフロントを開ける
重苦しくワンパターンな冬コーデに、小物を投入したり差し色を使うなどしてアクセントをつけます。 小物自体を差し色にするのももちろん効果的です。鮮やかな色の洋服を投入することに気が引ける人に、差し色小物はおすすめです。

あったか小物を利用しよう!

ストールやマフラーなどの小物を使うと新鮮味が出せます。ストール・マフラーは、まずは黒・グレーなどの基本色をゲットして、それから差し色や柄モノなどをゲットすると、スムーズに使いこなせるようになると思います。
 
ストール・マフラー・スヌード・ネックウォーマー・手袋・ニット帽etc.、防寒の意味でも冬に賢く利用したい小物はたくさんあります。 小物はお手頃価格を狙えば失敗しても洋服ほどダメージは大きくないので、ふだん着ないようなカラーや柄にチャレンジしてみるといいと思いますよ♪

 

おすすめは大判ストール

新たに巻きものを調達するのなら、大判ストールがおすすめです。
  • 巻き方のバリエーションがマフラーよりたくさんある。
  • 細長くおりたためばマフラー的な使い方も可能。
  • 使いようによっては洋服一枚分くらいの威力を出せる。
少ない服派にはとってもありがたい存在。いくつか巻き方を知っておくと、雰囲気を変えられます。洋服一枚分の威力が出せるのは、コスパの面からも頼りになります。
 
【おすすめのストール巻き方】
・エディター巻き
・8の字巻き
・ミラノ巻き
・アフガン巻き
・垂らすだけ
2015 ストール巻き方種類.jpg
エディター巻きは、首元で一周して垂らすだけの巻き方。アフガン巻きは、できれば正方形のストールが必要です。長方形でもアフガン巻きっぽくは巻けるので、絶対というわけではありませんが。
 
一番着こなしのハードルが高そうなのが「垂らすだけ」ですかね…。赤なら闘魂注入できそうですね。ただ、30代、40代くらいになってくるとだんだん似合ってくると思います。
 
秋コーデの記事で、8の字巻きを紹介しましたが、ミラノ巻きも覚えておくと、便利です。微妙なニュアンスが素敵な巻き方。一見複雑そうですがやってみれば簡単なので是非試してみてください。
 
2015 ミラノ巻き方.jpg
シンプルなコーデに、柄モノや鮮やかな色のストールをプラスすると、ガラっと雰囲気が変わります。重苦しくなりがちな冬のファッションに「抜け」を作ってくれます。 大判ストールは是非とも味方につけたいアイテムです。
 
2015 ストール なじませるか差すか.jpg
とはいえ、なじませ色を使うのもシックで好きなんですよね。
いきなりストールを巻き出すのがこっぱずかしいのなら、比較的ハードルが低いのがスヌードです。スヌードは輪っかになっていて、2重くらいにするとストールを首元ぐるぐる巻きしたのと同じような印象になります。 

ニット帽は寝ぐせを隠すだけのものではないのだ

ニット帽はなにかと便利です。冬かぶるニット帽は、おしゃれ目的というよりは防寒要素の方が高いかも。耳って意外と凍えますよね。 あったか~い、ニットキャップを探してぬくぬくしてくださいね。
 
【ニット帽よいところ】
  • 防寒
  • 寝ぐせ隠し、ヘアスタイルが決まらない時にごまかせる
  • 小顔効果(ストールぐるぐるまき&ニット帽)
  • シンプルなコーデのアクセント
  • 逆にコーデ全体をしっくりさせることもできる統一感がでる 上から下までトーンを揃える
  • サードウェーブ系男子コスプレができる
ニット帽は、比較的どんなコーデにも似合うので使い勝手のよい小物。基本色のニット帽を選ぶ限り、25着内の組み合わせなら、ほとんどなんにも考えずに合わせられます。
 
一番合理的な使いどきは、朝寝ぐせがひどくてどうしようもないとき…ですね! 統一感のない組み合わせをニット帽でなじませることもできますし(左↓)、ごくごくシンプルなコーデに差し色ニット帽で華やかさをプラスすることもできます(右↓)。
2015 ニット帽 なじませるか差すか.jpg
差し色ニット帽をかぶるときは、他の差し色アイテムとケンカしないように注意してください。
【注意!】
やってしまいがちなのが、全身黒っぽいコーデに、黒いニット帽をかぶってしまう組み合わせ。ドラマでよく出てくる犯罪者コーデです。小さい子ども連れの母親に警戒されてもしょうがない。 便利だけど、このスタイルを多用することのないよう……。
 
2015 全身真っ黒.jpg

ダウンベストをアウターに重ねる!

2015 ダウンベスト×アウター.jpg
Pコートとミリジャケをかわりばんこに着まわしていると飽きてくるしマンネリ化します。ダウンベストを便利に使ってみてはどうでしょうか。 ダウンベストは意外といろんなアウターに羽織れるので試してみてください。ただし、サイズ感に気をつけて。

テーラードジャケット×ダウンベスト

冬のおすすめは、テーラードジャケット×ダウンベストの組み合わせ。ストールやマフラー、そしてニット帽をプラスしたら結構暖かいはずです。
2015 ダウンベスト冬活用例.jpg

ダウンベストの時期はいつ?ツイード&グレーのダウンベストのコーデ・着こなしを解説


差し色で抜け感を作る。

小物の項目でもふれましたが、ワンパターン防止のために、差し色を上手に使って抜け感を出したいところ。 25着にも差し色アイテムをいくつか選んでいます
 
2015 差し色アイテム.jpg
青カーディガン|ピンクシャツ|デッキシューズ|差し色ポロシャツ
 
↑以外の25着のアイテムたちは、地味な基本色ばかり選んでます。まあ、地味な基本色ばかり着まわすとワンパターンにもなりますよね。冬はそこにさらに「重苦しい」要素が追加されるわけで。 積極的に差し色を使っていくくらいの勢いでもいいと思います。
 
2015 冬×差し色アイテム.jpg

フロントを開けて、雰囲気を変える。

重アウターのフロントを閉じると、連日同じような服を着ている印象に。フロント開けコーデをしてインナーを見せるようにするのもひとつの手。寒いけど…。
 
2015 重アウター×フロント開け.jpg
 
さらに、差し色アイテムを仕込んでおくと、よりワンパターンから脱出できるはず。 Pコートについては、着こなしにバリエーションを出せますので、工夫してみてるのも。
 
 
2014 Pコート 着こなし.jpg

冬は重くなりがち~重軽(おもかる)を調節しよう~

2015.1.30 重軽問題.jpg
冬服がワンパターンになるのは、連日「重い」服装が続くことも原因です。冬服は生地も厚く、色も暗く、彩度が低く、洋服が体を覆う面積も多い。重いイメージだらけ! 冬は自分だけでなく周りもワンパターンに陥っているはず。
 
無難を求めるのなら、それでOKですが、少ない服で着まわししているハンデ?がありますので、重軽(おもかる)を調節して、目新しさを出してみませんか。
 
【軽くする技】
・「軽い」アイテムを投入
・「軽い」色を取り入れる 
・肌見せの部分を増やす
 
2015.1.30 重軽バランス調整例.jpg
全身真っ黒になってしまったのなら、例えば足元に抜けを作るとか。冬は寒いけど。 なんだか最近重くるしいファッションが続いているなと感じるようなら、白スニーカーや青のデッキシューズを投入してみたり、差し色のストールやニット帽を加えるのもよいですよね。
 
マンネリ化を防ぐ方法と重複していますが、コワザをきかせる方法はいろいろあります。

冬の着まわしとボトムス

冬のボトムスは長パンがメインとなりますが、ショーツやクロップドパンツもたまには活躍させてみてはいかがでしょうか。

冬のレギンス男子

2015 Pコート×ポロ×ショーツ【レギンス】.jpg
少ない服を着まわすために、ショーツ×レギンスもワザのひとつとして頭にいれておいてください。ただし、女子ウケには疑問があるコーデです。

クロップドパンツ

クロップドパンツの丈の短さを逆手にとって、靴下の色や柄で遊んでみるコワザ。

まとめ

2015 冬コーデダイジェスト.jpg
  • 冬は「重さ」重視。でも重いばかりもダメ。
  • 小物で防寒とワンパターン防止。
  • 差し色を使う。フロントを開ける。
  • ダウンベストはツカえる。
寒いのでニットは毎日着たいですよね~。
 
↓↓ワークブーツやチャッカに敷いても暖かいハズ! 
 
 
【季節コーデ関連記事】