ポロシャツブランド対決【高級派vs.安い派】おしゃれポロシャツはどっち!?

スポンサーリンク

f:id:jarmusch:20190425154156j:plain:w300

着回しを考えるならポロシャツは次の条件をクリアしていたいところです。 

・余計なデザインがないこと
・無地
・丈が長すぎるのはNG(基本インしないので)

 

ポロシャツは着古してくたくたになってきたら、新調しましょう。常にエリがぱりっとした状態で着るのが理想です(このブログはきれいめを想定しています)!

 

なので、ワンシーズン着まくって1年ごとに買い替えるというスタイルがおすすめ。 以下、安価派と高価派に向けてポロシャツの参考商品をおすすめします!

  • LACOSTE(ラコステ)L1212
  • FRED PERRY(フレッド・ペリー)M12
  • POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン)
  • United Athle(ユナイテッドアスレ)
  • Printstar(プリントスター)

LACOSTE(ラコステ) L1212 

ポロシャツには「コレ選んどけば間違いないっしょ」とされる大定番ブランドがあります。

  • ラコステ
  • フレッドペリー 
  • ラルフローレン

ポロシャツと言えばラコステ!ポロシャツの歴史はラコステの歴史と言っても過言ではないのだ。

 
緑色のワニのロゴでお馴染みのラコステは、1933年に設立されたフランスのアパレルブランドです。
 
ブランド発祥と同じ年の1933年に誕生したL.12.12 ポロはラコステを代表する存在となっています。 ふんわりとした曲線を描くフレンチ・スリーブと両裾のスリットがその特徴。
 
「L.12.12」の意味するところは…
  • L:ラコステのL
  • 1:プチピケの素材
  • 2:半袖のデザイン
  • 12:ポロができるまでルネ・ラコステが試作をした回数
ラコステの創業者ルネ・ラコステはもとはテニスプレイヤー。ねばり強いプレイスタイルからついたあだ名は「ワニのラコステ」。このあだ名がラコステのワニの由来となりました。
 
そんなルネ・ラコステですが、結核に感染し25歳で引退を余儀なくされます。選手時代からテニスウェアの改良にも手を付けていたルネはスポーツウェアのメーカーを立ち上げます。それがラコステのはじまりです。
 
もともとの男子のテニスウェアは長袖長ズボン、ドレスシャツ的なワイシャツにブレザーを羽織るといったものでした。

女子にいたってはこのありさま。

f:id:jarmusch:20180429165512j:plain

※1901年ウインブルドン女子ファイナルの様子
 
ルネはそんな超動きにくそうだったテニスウェアを、ポロ競技用ウェアをヒントに改良。
 
  • 長袖を半袖に
  • 襟はリブニットに
  • 生地は通気性・伸縮性に優れた鹿の子生地(プチピケ)に

シャツ風に見えつつも運動に適したL1212を開発。これがポロシャツの原点です!

ちなみにテニスプレイヤー、ルネ・ラコステの4大大会シングルスでの戦績は全仏3勝、全英(ウィンブルドン)2勝、全米(現:全米オープン)2連覇で通算7勝。名テニスプレイヤーですね~。

FRED PERRY(フレッド・ペリー)M12

ラコステ誕生から約20年後の1952年、ロンドンで「フレッド・ペリー・スポーツウェア社」が設立。ブランドとしてのフレッド・ペリーの歴史が始まります。フレッド・ペリーは月桂樹のロゴマークでおなじみですね。

フレッド・ペリーのアイコン的存在のポロシャツが襟と袖の2本線が特徴的な、M12(TWIN TIPPED FRED PERRY SHIRT)です。

M12の12とは、フレッド・ペリーが12番目にデザインしたシャツという意味。

M12が誕生したのは1957年。この頃のテニスウェアはだぼっとしたシルエットでした。そこで、フレッド・ペリーは体にフィットするポロを開発。当時のテニスプレイヤーに重宝されました。

フレッド・ペリーとモッズカルチャー

フレッド・ペリーはスポーツだけでなくストリートカルチャーにも縁深いブランドです。 1960年代にロンドンの若い労働者の間で流行ったモッズカルチャー。モッズたちはフレッド・ペリーのポロシャツを愛用していました。

1957年はモッズが流行り始めた頃でもあります。フレッド・ペリーのポロの体にフィットするデザインが、細身のスタイルを好んだモッズたちにも重宝されたわけです。

モッズのイメージをつかみたいなら、1979年の映画ですが『さらば青春の光』がわかりやすい。内容はというと、街の不良グループであるモッズvs.ロッカーズの抗争を通して描かれる若者たちの青春群像劇ってところでしょうか。

 

まちがえたwこっちです↓
そんなモッズもいろんな系統に派生して下火になるのですが、1990年代にど~んと原点回帰が起こります。ブリットポップムーブメントです。
 
代表的なバンドはオアシスやブラー。メンバーもフレッド・ペリーのポロシャツを愛用。
フレッド・ペリーもオアシスのギャラガー兄弟もイングランド・ストックポートの労働者階級の出身です。ギャラガー兄弟はフーリガンだったことでも有名ですが、フレッド・ペリーもなかなかの荒くれ者だったらしいですね。
 
ちなみにテニスプレイヤー、フレッド・ペリーの4大大会での戦績はシングルスでは全豪1勝、全仏1勝、全英3連覇、全米3勝で通算8勝。男子シングルスのキャリア・グランドスラムの最初の覇者。
 
男子ダブルスでは全豪1勝、全仏1勝で通算2勝。混合ダブルスでは全仏1勝、全英2勝、全米1勝で通算4勝。フレッド・ペリーは“イギリスのテニスの神様”と呼ばれているそうです。 

POLO RALPH LAUREN(ポロラルフローレン) 

アメトラ(アメリカン・トラデショナル)の雄RALPH LAUREN(ラルフローレン)の主軸ラインがPOLO RALPH LAUREN(ポロ・ラルフローレン)です。 ポニーのロゴマークでおなじみですね。
 
創業者のラルフ・ローレンはアメリカ・ニューヨーク出身。 フレッド・ペリー創業から20年後の1972年にラルフはポロシャツをデザインしました。
 
ラルフのポロは、ラコステやフレッド・ペリーと違い、最初からストリートウェアとして着ることを想定されたポロシャツです。 ラルフのポロはUSAサイズなので日本人が着るなら 1 ~2サイズ下げるとおめあてのサイズになります。シルエットは3種。
 
よりダボッとした方から「クラシックフィット>カスタムスリムフィット>スリムフィット」となります。 
 
【各シルエットの特徴】
  • クラシックフィット:ラルフの伝統的なシルエット。シャツインを想定。丈が長い
  • カスタムスリムフィット:クラシックフィットをよりスリムに丈を短くアレンジ
  • スリムフィット:3種のなかで最も丈が短く細身。高いアームホールに細い袖
上にアウターを羽織るなどして着回したいなら、スリムフィットカスタムスリムフィットを。それから、日本人男性ならボーイズサイズも範疇に入れることが可能です。アメリカのキッズはでかい!

ラルフのポロについては少数精鋭派の場合、大きいサイズのロゴがデザインされた“ビッグポニー”を選ばないようにしましょう。

理由は、あまりひとつひとつのアイテムを主張させず、着こなしのアレンジで新鮮味を出しつつ着回しをしたいからです!  

というわけで、高価派の代表ブランドをざくっとチェックしました。

ポロシャツの歴史はこんなカンジですかね~。

  1. ラコステ⇒デザインの基礎を作る
  2. フレッド・ペリー⇒ストリートカルチャーとつなげる
  3. ラルフ⇒街着としてのポロの地位を定着
ポロシャツのターニングポイントをむかえる国でテニスの4大大会が開催されているってのも、テニスとポロシャツの縁を感じさせますね!

United Athle(ユナイテッドアスレ)

デザインや素材や色など、自分の希望に条件が合致するならOKで、そんなにブランドにこだわらないコスパ重視派ならユナイテッドアスレやプリントスターがおすすめ!

ユナイテッドアスレはユニフォームやクラスTシャツのボディとしてよく使われるブランド。ごくごくシンプルなデザインなので、着まわしやすいポロシャツです。

日本のアパレルメーカー『キャブ株式会社』の代表ブランドで1998年生まれのユナイテッドアスレ。 キャブ株式会社は1930年、愛知県発祥。国内プリンタブルウェアメーカーとしてはかなり古い歴史を持つ会社です。

Printstar(プリントスター)

1999年生まれのプリントスターはトムス株式会社のブランド。トムスは1981年創業。こちらもアスレと双璧をなす国内プリンタブルウェアメーカーの老舗です 。

アスレもプリントスターも丈夫だし安い、とことんシンプル。豊富なカラー展開も魅力です。 

ポロシャツを探しているとユニクロはともかく、シンプルなデザインのものがなかなかみつからないんですよね。レイヤード風になってたり、エリにチェックがあしらってあったりするものは少数精鋭派にはノーサンキュー!

いろいろ探してみて、結局プリントスターとユナイテッドアスレが一番無難だという……。

ともかく、シンプル派には助かるメーカーであることには間違いありません。 

まとめ

以上、安価派と高価派でおすすめのポロシャツブランドを紹介してみました。個人的には1年ごとにこまめに買い替えたいので、安価派のポロの方が理にかなってるな~と思ってます。

ですが、なかには「お前、プリントスター着てんのかよ。プリントスターってあれだろ。クラスTシャツのやつだろ」とせせら笑う友人の声にビクつく人もいるでしょう。

だったら1枚だけでも高価派のブランド持っておいてさりげなくドヤしておいてもいいかもしれませんね。 お好きなブランドをチョイスしてみてください!