【アウターonアウター】ミリタリージャケットm-65とアウターの組み合わせ

スポンサーリンク

f:id:jarmusch:20161208205956j:plain

冬メインで着るつもりのミリタリージャケット。着回しと防寒のために小技的なアウターonアウターも取り入れたい。今回はミリタリージャケットに各種、軽アウターを着こむコーデをご紹介します。  

ミリタリージャケットonショールカラーカーディガン  

f:id:jarmusch:20161208210322j:plain:w150

ミリタリージャケットのサイズがゆったりめなら、ショールカラーカーディガンを着こんでもOK。暖かい!  

ミリタリージャケットon青カーディガン  

f:id:jarmusch:20161208210300j:plain:w150 

青カーディガンは差し色として使います。地味な色ばかりのコーデに鮮やかな青を差す!  

ミリタリージャケットonテーラードジャケット  

f:id:jarmusch:20161208205947j:plain:w150 

テーラードジャケットにミリタリージャケットを羽織ると、大人っぽい雰囲気に。タイドアップするとより大人っぽく、きちんと感も出る。  

【アウターonアウター番外編】ダウンジャケットonミリタリージャケット  

f:id:jarmusch:20161208210257j:plain:w200 

ミリタリージャケットの上にダウンジャケットを羽織る。これもまたアウターonアウター。  

ミリタリージャケットにはできるだけ着こみたいので、こころもち大きめサイズをおすすめしたいところですが、サイズ感が許すならミリタリージャケットの上にダウンジャケットをプラスしてみても。暖かいし、アクセントになると思います。  

【番外編Ⅱ】手持ちのパーカーと合わせてアウターonアウター  

f:id:jarmusch:20161208210316j:plain:w300 

一家に一枚はあるだろうグレーのパーカー。グレーのスウェットパンツ×グレーのパーカ一式で街をうろつく自信はありませんが、アウターonアウターなら堂々と街を歩けます。  

パーカーについては、ミリタリージャケットだけでなく手持ちの他のアウターとも組み合わせてみてください。デニムジャケットやら、ライダースやら、トレンチコートやら、Pコートやらやら……。フードがちょうどよいアクセントになります。  

m65×ライナー

本格的なM65フィールドジャケットならライナー(脱着式の裏地)がついています。

ライナーがない場合、極寒の時期にはユニクロのウルトラライトダウンコンパクトあたりのインナーダウンを別で買って仕込むのも暖かい。これもある種アウターonアウター。

ライナーをジャケットとして着ることができるものを選んでも便利です。

ひょうたんキルトリバーシブルスナップジャケット Upscape Audience/SPU 税込14,904円

まとめ

着回しと防寒のためのミリタリージャケットのアウターonアウター技をおすすめしました。アウターonアウターの組み合わせはミリタリージャケットだけでなく、他にもいろいろありますのでチャレンジしてみると楽しいですよ!