洋服を手放す不安とどう向き合えばいい?不安と手放す勇気のバランス

スポンサーリンク
Toyota LandCruiser HJ40.JPG

"Toyota LandCruiser HJ40" by dave.see

 
前の前の記事で、断捨離を妨げるものとして「罪悪感」を挙げましたが、もうひとつやっかいな敵がいます。洋服を手放したら、必要になった時に困らないだろうかという「不安」です。
この記事は以下の記事の続きです

 
「不安」に邪魔されて洋服を手放せない人のバランスは以下のようになっています。
2014.12.26 断捨離:不安>安心感.jpg
 
手放した後のスッキリ感については、実際に手放した経験がないとイメージしにくいでしょう。
2014.12.26 断捨離:不安<安心感.jpg
 
手放し上手の人のバランスは上のような状態です。手放した後の不安感より、手放しても大丈夫という自信や安心感(+手放した後のスッキリ感を知っている)が大きい人は、さくさく洋服を手放せます。
 
つまり、手放したいと思っているのに手放せない理由は自信のなさであり、不安であり…。 自分のことを手放しベタだと思うのなら、一度はなぜ不安なのかという理由を掘ってみてもいいかもしれませんね。
 
コワイもんが出てくるかもしれませんし、意外と大したことないかもしれませんし。向き合ってみないと分からないのです。 コレ↓結構、真相にたどり着けますよ。
なぜなぜ分析とは、ある問題とその問題に対する対策に関して、その問題を引き起こした要因(『なぜ』)を提示し、さらにその要因を引き起こした要因(『なぜ』)を提示することを繰り返すことにより、その問題への対策の効果を検証する手段である。 Wikipedia「なぜなぜ分析
トヨタ生産方式で使われるというなぜなぜ分析。5回くらい「なぜ」を繰り返すと自分の知らない自分が出てきます。 適当に例を作ってみます。
 
洋服を手放すことは不安だ。
↓ナゼ①
手放したものが実は必要だとわかったときが苦痛だから。
↓ナゼ②
自分の判断力のなさを責めたくなるから。
↓ナゼ③
昔から大事な場面での判断を失敗してきたから。
↓ナゼ④
大事な場面だと緊張して適当な判断をしてしまう。
↓ナゼ⑤
緊張するとその場から逃げ出したくなるから。
 
あくまで例ですが、洋服を手放すのが苦手な理由として、なぜか緊張しいなキャラが出てきました。人によって結果はまったく違ってくると思います。いろいろ出てきますので面白いですよ!
 
この例の場合、洋服を手放す不安は、緊張しがちな自分を責めているところから来ているのがわかるということです。
 
つまり、洋服を手放した結果、判断を失敗したとしても、「仕方ないさ」と自分を責めないでいることができたり、これくらいの判断の失敗はたいしたことがないとおおらかに構えていられるのなら、不安を持たずに手放すことができるようになるかもしれないですよね。 ちょっと難しいですかね?というより私の説明が拙いということか…。
 
もし洋服を手放す不安のなぜなぜ分析をしてみて、謎の結果が出たというのなら、コメントなどで質問ください。一緒に考えましょう。 ともかく、なぜなぜ分析は、洋服を手放すことだけでなく、問題や課題など、いろいろなことに応用できるので知っていて損はない考え方です。
 
以上、あいかわらずファッションから脱線気味な内容でした。
 
お知らせですが、「25着」でアカウントを作ってツイッター始めてました。140文字で済む気安さからか、しょうもないことばかりつぶやいています。よかったら覗いてやってください。現在絶賛フォロワー数ゼロです。フォローくーださーい!