読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少数精鋭25着アイテムの着回しのキモたち

着回しのキモ導入

 
 
このブログは、ある意味めんどくさがり屋さんにささげるブログなのかもしれません。
 
・洋服、何持ってたらいいかわからない
・毎日のコーディネートを考えるのが面倒
・でも、ダサいとか思われたくない
 
ということを考える人がどうしたらいいのか、私なりに出した答えが、「ワードローブを少数精鋭に絞る」ということです。

==== 

チャッカブーツ、スニーカー、ワークブーツ、レザーサンダル、デッキシューズ
ボトムス チノパン、カーゴパンツ、デニム、クロップドパンツ、ショートパンツ
トップス(半袖) Tシャツ(白・紺)、ポロシャツ、半袖OXシャツ
トップス(長袖) 白シャツ、デニムシャツ、ピンクシャツ、ニットプルオーバー
軽アウター テーラードジャケット、カーディガン、ショールカラーカーディガン、ダウンベスト
重アウター Pコート、ミリタリージャケット(M-65)

 

手持ちのワードローブ内のアイテム同士をテキトーに組み合わせても変なカンジにならないよう、 定番で、 シンプルなデザインで、 黒やネイビー、グレーなどの基本色なアイテムをメインとしたラインナップです。

 

 しかし、そんな洋服ばかりを毎日着ているとどうなるかというと、 「あの人はいつも地味だ」もしくは「いつも同じような服着てる」という印象になってしまうかもしれない。ということです。

 

 少数精鋭にこだわりたいので 「あの人はいつも地味だ」を避けるために、25着アイテムの中にカンフル剤を仕込みました。

 

それが、以下のアイテムたちです。

 

・ダウンベスト

・オックスフォードのピンクシャツ

・差し色カーディガン

・デッキシューズ  

 

ダウンベストは、組み合わせの上でアクセントになります。 シンプルにTシャツ+カーゴパンツといった出で立ちでも、 ダウンベストを羽織ればなんとなくコーデが「うまいこといったな」的に見えるので便利です。 

着回しのキモ:ダウン

Oxピンクシャツ&差し色カーデ&デッキは、「差し色にする」という意味でコーディネートのアクセントにします。 

 

白シャツ&デニムの組み合わせだと地味になりそうですが、 例えば、白シャツをピンクシャツとチェンジする。 とか ロイヤルブルーの差し色カーディガンを羽織る。 とか 靴をロイヤルブルーのデッキシューズにする などすると、華やかさが出ますよね。 

 

トリッキーなデザイン、かつ、トリッキーな色のアイテムは着こなすのが難しいですが、 定番デザインでトリッキーな色なら使い勝手があるというものなのです。 

 

着回しのキモ:差し色

チェンジした後の着こなしとして、裾をロールアップさせたり袖をたくったりするのも華やかさを出す手です。 少数精鋭アイテムを活かすためにも、こういった小細工が必要なのです。