白スニーカー:大人の男のスニーカー選び

スポンサーリンク

2015 スニーカー.jpg

「万能!白のローテクスニーカー」
 
誰にでもおなじみのスニーカー。学生の頃は漫然と履いていてもOKなアイテムでも、大人になると工夫が必要になってきます。きれいめカジュアルとして着まわせるのは、なんといってもローテクスニーカーです。 色は断然、です。
 
 
スニーカーを白にしておくと、夏爽やかだし、冬は、全身黒やネイビーの重苦しくなりがちな服装を軽くすることができます。 

 

それから、チャッカブーツは定番のブラウンを選びたく、ワークブーツは黒にしたいので、それらとのバランスもかねての白です。

 

PUレザーレースアップ編み上げシューズ Buyer's Select/SP 税込4,860円
PUレザーレースアップ編み上げシューズ Buyer's Select/SP 税込4,860円

白スニーカーの注意点 

白のローテクスニーカーはきれいめカジュアルにとても相性がよいのもチョイスした理由のひとつ。 ただし、白スニーカーの注意点は、汚れてきたらこまめに買い替える必要があることです。
 
白シャツと同じで、きれいめカジュアルにとって、白いアイテムは清潔感命なのです。 若いうちは、ジーンズをはき古すように、スニーカーも汚ない方がかっこいいという気持もあるかもしれません。
 
あくまでもきれいめカジュアルになじませたいので、 こきたないスニーカーはNGです。
 

白スニーカーコーデと効果

他の靴4種(チャッカブーツ、サンダル、ワークブーツ、デッキシューズ)と比べて、 白スニーカーの役割は、 「軽さ」「抜け感」です。 5種の靴の中では、ワークブーツの対極の存在とも言えます。
 
コーディネートが全体的に重苦しくなった時、足元に白スニーカーをもってくると軽さがでて爽やかになります。

ハイテクスニーカーかローテクスニーカーか

スニーカーというと、 ハイテクスニーカーに目がいってしまうという人もいるかもしれませんが、 ここはぐっと我慢でローテクスニーカーにしておきましょう。

 
ハイテクスニーカーは、 着回しや着こなしとなると、なかなかやっかいなシロモノ。 特にチノパン、デニム、カーゴパンツなどのロング丈のパンツ とのバランスをとるのが難しいと思うのです。
 
同じロング丈のパンツでも、スキニーはいいかもしれない。 さらに、クロップドパンツやショートパンツと合わせるのはかっこいいかもしれません。 となると、厳選した5種類のボトムスのうち3つと相性が悪いことになってしまいます。
 
どのアイテムともでも合わせることができるということが 25着の基本アイテムをチョイスする根拠ですので、 ハイテクスニーカーは却下というわけなのです。