25着でオールシーズン着まわすメンズファッション

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロップドパンツ:7分丈ズボンの着こなし

ボトムス:各アイテムを語る
25着でオールシーズン着まわすメンズファッションとして、 ボトムスは以下の5着を選びました。 
チノパン|カーゴパンツ|デニム|クロップドパンツ|ショートパンツ
 
チノもカーゴもデニムも、ボトムスとしては便利なアイテムですが、 いかんせん春夏は暑苦しい。 なので、春から秋にかけてクロップドパンツを取り入れます。
    
【目次】
・クロップドパンツは難しい?
・クロップドパンツの足元

クロップドパンツは難しい? 

でも、クロップドパンツというものに慣れない人もいるかと思います。 クロップドパンツというアイテムに慣れないなら、 まずはチノやカーゴ、デニムをロールアップするところから始めてみましょう。
 
ロング丈のボトムスのロールアップで、 クロップドパンツと同じような効果が得られます。 他の4種のボトムスに対するクロップドの役割は「抜け感」です。
 
重軽問題で触れましたが、 たとえば、全身を厚い生地、濃い色、洋服面積大きいというようなコーディネートをしているとき、 ボトムスをロールアップしたり、クロップドパンツを履くことで、足元に抜け感を出すことができます。 クロップドは慣れると手放せないほど便利だと思いますよ。

クロップドパンツの足元

基本的に、春夏メインに履くことを想定しているので、軽いイメージ、爽やかなイメージの靴を合わせます。 涼しそうに見える順は以下のとおり。
 
①サンダル
②デッキシューズ・白スニーカー
③チャッカブーツ
④ワークブーツ
 
夏は、サンダル、デッキシューズ、白スニーカーでまかないます。 チャッカやワークブーツは、春ならOK。 いや、夏履いても間違いじゃないですが、 ただ見た目も自分も暑苦しいという理由でNG。
 
逆に秋にクロップドを履くなら、積極的にチャッカやワークブーツを合わせたいですね。 25着の最低限アイテムにクロップドを加えるなら 色はにします。
 
 
  ★期間限定/送料無料★税込:4,860円 SPUTNICKS/some might say
 
【関連記事】