読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボトムス概論

2015 ボトムス×5.jpg

 

さて、25着でオールシーズン着まわすボトムスとして、以下の5着を選びました(チョイスしたい色も提案)。最小限の枚数です。色は、「あいついつも同じ色のパンツばっか履いてるよな」と周りから思われないように基本色ながらもバランスをとって決めています。 

  

【目次】

1.厳選ボトムス5着

2.ボトムスを選ぶ優先順位

3.季節との対応。夏をどうするか?

4.クロップドパンツとショートパンツを着回す

5.脱線トーク

厳選ボトムス5着 

 ①チノパン(ベージュ)

②カーゴパンツ(カーキ)

③デニム(インディゴブルー)

④クロップドパンツ(黒)

⑤ショートパンツ(ベージュorグレー)

  

ボトムスを選ぶ優先順位 

 ①→⑤が優先順位。今まで、何度か述べてきましたが、オールシーズン、いろいろなシチュエーションに対応するなら、まずは「きちんとした場面」に対応できるアイテムから先にチョイスしておくと後が楽になります。いざというとき、ばたばたとあわてなくて済むので。 

というわけで、一番最初はチノパンから。次はデニムでもカーゴパンツでもいいと私は思いますが、とりあえずカーゴパンツから。でも、デニムはやはり定番なので、次にデニム。 

次に、おしゃれ初心者にはちと敷居の高いクロップドパンツ。最後にもっと敷居の高いショートパンツ。といった具合です。 

季節との対応。夏をどうするか? 

チノもカーゴもデニムも私があえて触れる必要のないくらい超定番アイテムなわけですが、クロップドやショートパンツとなると、履き慣れていない人にとっては躊躇するかもしれません。 

ところで、各ボトムスを履く季節は以下のとおり。 

チノ・カーゴ・デニム……オールシーズン

クロップドパンツ……春~秋。冬以外着用します。

ショートパンツ……夏

 夏をどうしようかと考えると、クロップドやショートパンツは登場させざるを得ないのですよね。チノ、カーゴやデニムをロールアップして履くという手もありますが、夏にずっとロング丈のボトムスを履くのはつらいものがあります。 

ファッションにとって、夏は独特な季節で、特別な対応がせまられるのです。 

夏のファッションは、自分も涼しくてラクチンに過ごすのも当然で、周りの人への印象も涼しくするのが鉄則です。

 

クロップドパンツとショートパンツを着回す 

 春夏に対応させるつもりのクロップドにショーツですが、このブログで提案しているアイテムはオールシーズン最小限着回せるだけの25着。できれば、クロップドもショーツも秋冬にも登場させたいのですよね~。 

クロップドは、ワークブーツと合わせ、厚手の靴下を履く。

ショートパンツは、レギンスと重ね着する。 

これなら、秋冬でも対応できますよね。アイテムを厳選したからには、アイテムの能力ひとつひとつも思いっきり引き出してやろうというわけです。